2013年9月22日(日) AM4:00出発



9月2回目の3連休、ということで行きたい場所はいくつか候補があったのに、
直前までなかなか決められず・・・。
天気予報を見ながらこっちにしようか、あっちにしようか、と悩んでいました。

でもあまり天気予報を当てにするのも良くないと思い、
今一番行きたい場所へ行くことにしました。

今日の目的地は「川原毛地獄」(秋田県湯沢市)です。

緑の中に突然現れる灰色の山肌・・・そそられる景色!!



出発した時はまだ真っ暗。日の出が遅くなったし、少し肌寒い。
AM5:00過ぎ、ようやく明るくなり始めた。
思ってたよりも天気がイイかも!


腹が減っては戦はできぬ、ということでミニストップに寄る


ミニストップの「Xフライドポテト」が大好物なワタシ。
もちろんいただきました♪

約100km走るごとに運転を交代しながら、築館ICで高速を降ります。


国道398号を花山方面へ。

道の駅 路田里はなやま」で休憩します。


ふさすぐりのアイスなんぞを食してみる。
甘酸っぱくて美味しい♪・・・でもふさすぐりってナニ?


こんな所でもくまモンに会うとは!!久しぶりの再会(笑)


ライダーもたくさんいました。良い季節ですもんね!



国道398号をひたすら北上します。
連休なのに車の台数が少なくて、快適!

 

 


紅葉の時期は景色も楽しめて良さそうな道でした。

途中、展望が開ける場所があったので、ちょっと停めてみます。
バイクは何台か走っていたけど、車はほとんど走っていない。


栗駒山方面が見えました。
なんとな〜く、紅葉が始まっている気が・・・?


山の中を走っているのを実感するくらい、周りは山しか目に入らない。

さらに国道398号を北上


やって来たのは、小安峡の大噴湯


約200段の階段を下りて行くと、渓谷が目の前に広がってきます。


逆光だからまぶしい


至る場所からモクモクしてます。硫黄の臭いもスゴイ!




一番モクモク噴出している場所


近づくとこんな感じで全く前が見えない。
旦那さんのメガネも曇って前が見えなくなるくらい!


帰りは下ってきた約200段の階段を上らないといけない・・・(汗)
途中で休憩をしながらでないと、とても無理。
・・・なんて体力がないんだろう・・・

朝は長袖を着るくらい涼しかったのに、今となってはもう暑い。
冷たい飲み物で、しばし休憩・・・・・・・・・・・・。



クールダウンできたところで、最終目的地の川原毛地獄へ向かいます。
もうここからはそんなに遠くないはず。

相変わらず、空いていて走りやすい道が続きます。


だ〜れもいない桁倉沼(人が居な過ぎて逆にさみしい)


すると泥湯温泉付近で・・・


確かに硫黄の臭いが途切れることなく続く・・・

そこからさらに上り、駐車場に入ると・・・
うわ!見えてきた!


緑の中に突如として現れる、白い山肌。なんだか不気味な光景・・・。


温泉??めちゃくちゃ熱そう!


遊歩道も整備されてますが、とてもじゃないけど硫黄の臭いに耐えられず、散策なんてできません!!
私、ゆでたまごって好きじゃないし(笑)


さすが、「地獄」と言われる場所だけある!

でも散策している人がいるからスゴイ(汗)



口で息をしながら(笑)なんとか今日の目的地は達成できたので、
栗駒方面から帰ります。


栗駒山荘でお昼にします。
道中、交通量は少なかったが、こういう場所は混雑していました。
ここでもバイク多し!

 


栗駒山菜の天ぷら定食(左)と比内鶏のそば(右)

 

 


両方とも量がちょっと少なく腹八分目だったので(笑)、売店で団子を買ってさらに食べる。

団子を食べながら見た景色。やっぱり紅葉が始まってる?


栗駒山のくまモン!!毛を触ったら、固くてゴワゴワしていた!!


「肉が美味しかったです♪」って説明文に書いてあった・・・(笑)

また来よう!



このあとは国道342号を下り、一関ICから東北道へ入りました。


しばらくして雨が降りそうなくらいの天気になってしまいました。
現地は晴れていて良かった〜!


福島県でも渋滞が全く無かったし、今日はこのまますんなりと帰れるかな♪

・・・なんて、考えが甘かった。
3連休だから、渋滞がないはずがない!!

栃木県に入ってから、断続的な渋滞にハマってしまいました・・・。
週末の東北道は渋滞がお約束なのかな〜(汗)??
すんなりと帰れた試しがないような気がする・・・。

しばらくSILVERさんの後ろを追従


SAに寄ろうとしている車でさらに混雑


やっぱり世の中は3連休なんだ〜と一番実感した時間でした(笑)



本日の走行距離・・・予想以上の984km


本日の走行ルート



inserted by FC2 system